「ほっ」と。キャンペーン
狩りと仕事と時々嫁
奇跡ってあるんだな。

嫁と住み始めて早一週間。
一回もやってねぇよネットゲーム。

えらいぞ俺、よく耐えた。

しかし、実際何も耐えたわけではなく、
自然にやらない形となってしまった。

所詮何年もやってきたゲーム。
ゲーム内容にはとうの昔から飽きていた。

それでも俺からネットゲームをやめさせなかったのは、
そこでできた何人もの友達がいる為だ。

たったそれだけが、いやそれこそが俺に、
ネットゲームに足しげく通わせる要因。

一緒に住み始めると、友達友達なんてなかなか言っている暇も無く、
それ以前に仕事の休日が来るたんびに結婚式の準備や、
買い物などでボロ雑巾のごとく振り回され、

あれ?これ仕事の方が楽じゃね?

みたいな毎日。

永遠に出勤日が来るような感覚。
月月火水木金金という言葉が脳裏に浮かぶほど忙しい。


最近、そんな俺の唯一の癒しがモンスターハンターである。

仕事から帰り、一通り用事を済ませた後、
疲れた体を鞭打ち、男は颯爽と狩りに向かう。


仕事→用事→狩り→睡眠


男の一日は非常に多忙を極めている。

たまに、やっと休めるって日が出来たら、
『どっかつれてけ』と、
自由時間は、いや狩り時間は、
大きな翼をはためかせ飛び立った。

その日、動物園に行きたいというので連れて行くことになる。

もう何年ぶり、いや何十年ぶりかの動物園。


『マントヒヒだよ!見て見て!!』

はしゃぐ嫁、ゲッソリと疲れ果てている俺。

おいおい、子供じゃないんだよキミ。
マントヒヒ見て、そんなはしゃぐこと無いだ・・ろ・・・・・

その時、そのマントヒヒと目が合った。


まさか・・・・おまえ・・・・



ドドブランゴじゃね?
※(モンスターハンターに出てくるデカザル)

うほ!ガウシカもいる!!
やっべ!!あれ!!イヤンクックじゃね?
完全イヤンクックだよアレ!!
※(モンスターハンターに省略)


当然、そのペリカン的な動物はイヤンクックではない。
完全にどうかしてるのは俺の頭である。

気がつくと俺は嫁よりはしゃいでいた。

何度、脳内で剥ぎ取ろうとしたか。

間違いなく、
俺はいっぱしのモンスターハンターの顔になっていたはずである。


それと同時に、ライオンとかを見ていると、

『いやいや、これより数倍でかいモンスター
 狩りに行ってるのか俺は毎日・・・
 ぜってぇ無理だろ・・・・・どんだけ無謀なんだ、画面内の俺。』


という、疲れすぎたのか、意味も無いリアル転換への妄想をしていた一日だった。
[PR]
by shirokarasudan | 2008-06-26 22:56 | 団長のリアル日記
<< 移転です。 墓場の一丁目 >>